ダイエットの為にトレーニングやストレッチの時間を確保する方法

「トレーニングした方がいいのはわかっているけど、時間がなくてできない!」

と言って、1週間のうちなにもしない方が大半だと思います。

もしかすると、1年間トレーニングなんて全くやっていないという方も少なくないでしょう。

そんなあなたが、トレーニングをする時間を確保する方法があります。

それは、

1.テレビのワイドショーをみるのはやめて、youtubeやyahooで情報を得る。
2.TVを見たいなら、録画でみる。

テレビのワイドショーを見るのをやめて、ネットで見る方がいい理由

1.時間をたくさん確保できる。

テレビは単位時間あたりの情報量が少なすぎます。

1分あたりの情報量が少なく、コメンテーターのいらない情報で引き延ばされています。

数十分かけて放送している内容も、ネットなら数分で見終わります。

また、録画でみればCMも飛ばせるし、出演者のいらないやり取りも飛ばせます。

僕はさらに1.5倍速でみています。

最近のレコーダーは高性能で、早送りでも音の聞き取りが問題なくできますよ。

スピード再生になれると、進行がスローモーションに感じます(笑)

2.テレビは偏向報道の嵐

テレビは、スポンサーや肩入れしている政局が不利になる報道はできません。

逆に、自分たちが有利になるような報道をします。

偏った情報提供をしているので、見ていると間違った知識で固まってしまいます。

ネットを使ってあらゆる角度から情報を入手した方がいいですね。

3.テレビは嘘を沢山おりまぜている

ダイエット情報も嘘ばかりです。

おもしろいネタが命なので、実践した人が不健康になろうが知ったことではありません。

質の悪いことに、正しい情報の中に嘘を織り交ぜているので専門知識がないと見抜くことが困難です。

街角インタビューもむごいんですよ。

サクラを使っているケースが結構あります。

ひどいのは、通行人の役者が複数のチャンネルに登場してたりします。

SNSで話題になったことをきっかけに知った方も多いのではないでしょうか。

僕自身がテレビに出たときの話もいくつか暴露します。

・マイタケを食べて健康になるという番組企画に協力したときのこと。

2週間食べ続けた結果の血液の内容が実際よりも、良い状態に改ざんされて報道されました。

大きな変化を出さないと番組的に面白くないからです。

なんの連絡もなかったので、番組をみたときはびっくりしましたよ。

・スポーツのレッスン番組に協力したときのこと。

あたかもプロが1回ですごいショットを成功させていますが、実は何回も取り直しています。

他の指導者もそうだと言ってました。

・料理番組に出演したときのこと。

コメントを求められたのですが、意図したものではなかったらしく、セリフを全て決められました。

一緒に食べていたキャスターも、カメラの前では「おいし~い!」っていっているのに、カメラが止まったら、「全然おいしくないわね」って僕と話していました。

ね? ワイドショーやバラエティで情報収集するのがバカらしくなってきませんか?

ただし、正しい情報を収集するには、知識も必要です。

本格的に情報収集するなら、反対意見の情報もみたり、本を読んだりしないといけないので時間は必要になるとおもいます。

しかし、ワイドショーの時間を減らせば運動時間も正しい情報収集の時間も確保できるのではないでしょうか?

大事な考え方

ワイドショーを見るのは時間の浪費。

運動時間を確保するのは、未来の自分に対する投資。

自分に投資をする人ほど幸せになれるのは、仕事でも人生でもいっしょです。

まとめ

1.運動時間を確保する時間がないという方は、情報ソースをテレビのワイドショーからネットに変える。

2.テレビを見るなら、録画でみる。

3.余裕がでてきたら、知識を増やす時間を充てる。

4.浪費を減らして未来の自分のための時間に投資する。

命には限りがあります。

特に運動は40代、50代の健康維持向上や老化防止には必須です。

素敵な人生を送れるように時間を有効に使いましょう~♪

追記(2020/12/28)

この記事をみたお客さまのうち、5名の方が、

「時間が無いのは、旦那がテレワークになってウロチョロして気が散る」

ということを言われていました(笑)

コロナ禍でそういったことが原因にもなっている様です。

情報発信していると、生の声を聞けるのがいいですね。

僕の情報も更新されます。

しかし、旦那元気で留守がいいというのは今も昔も変わらずなのでしょうか(涙)

 

関連記事

PAGE TOP