コロナ太り、どうやって解決する?

緊急事態宣言になってまた太ってきたという話を、聞くようになりました。

飲みに行く回数が減って痩せたという話も聞きますが、太ってきたという方の方が多いです。

今回は、太ってきた原因と、優し目の解消方法をお伝えしたいと思います。

コロナ太りの原因

原因は、座っている時間が増えたことによることが多いです。

僕の周りでは、

・買い物の回数が減った。

・フィットネスクラブに行かなくなった。

・テレワークになって会社に行かなくなった。

・ご主人がテレワークで家にいるようになったので自宅トレーニングをやる回数が減った。

という話を聞きます。

通勤やオフィスでの移動だけで、毎日8000歩ほど歩いていた方が2000歩になったという方もいます。

これらはカロリー(エネルギー)の消費量がぐんと減ってしまうので、食べる量や内容が同じなら当然余剰カロリーができて太る原因となります。

40歳~50歳以降は特に影響を受けやすくなります。

外出できないストレスで甘いものが増えている方はより危険です。

食事を改善できればいいのですが、さらにストレスをかけたくないですよね。

ですので、せめて以下のことに取り組んでいただけたらと思います。

改善方法

○○を身につける。

「食事を改善して筋トレをしましょう!」 といいたいところですが、もっと優しい方法をご紹介します。

それは、自宅でも万歩計を身につけることです。

スマホにもついていますが、常に身につけていたいので、万歩計をおすすめします。

僕がつかっているのはこれ。

アマゾンで1300円くらいで購入しました。

時計と歩数カウントだけのシンプルなタイプです。

僕は仕事がある日はおよそ8000歩くらい。

休みで自宅にいるときは、3000歩(筋トレ含む)といった感じです。

まずは、いきなり1日一万歩!と意気込んでも続かないので、

「最低2000歩を切らないようにする!」

と決めて、徐々に3000歩、4000歩と増やしてみましょう。

買い物、料理、掃除、トイレ、自主トレ中もずっと身につけておきましょう。

歩数を稼ぐ方法

1.買い物では・・・

・駐車場の位置番遠いところに車を止めましょう。

・エレベーターを使わずに、辛くない範囲で階段を使いましょう。階段は筋トレ効果もあるので一石二鳥です。

腹ぺこで買い物に行かないように注意してください。

せっかく歩数を増やしても余計な食べ物を口にしてしまっては意味がないので(笑)

2.テレワークでは・・・

・最低でも1時間に1回は席を立ちましょう。

そして、体をのばしたり、足踏み、膝まわし、足首まわし、肩回しなどを行います。

ついでにスクワットやかかとあげを20~30回できるとさらにいいですね。

太らない方は実際に、仕事中でもなにかしら体を動かすように意識されている方が多いですよ。

僕も事務所にこもって作業しているときは、合間でやってます。

むくみもとれるし、お尻や腰が張っているのもすっきりしますよ。

自宅でできるおすすめの運動

時間がある方は、筋トレをとりいれることをおすすめします。

全身のトレーニングをできる体力がある方はこちらをやってみてください。

10分あればできますので。

(メニューA)

体力に自信が無い方は、こちらを行ってみましょう。

(スプリットスクワット)

下半身のトレーニングは、ダイエットだけでなく、怪我や病気の予防にもとても効果的です。

まとめ

・コロナ太りの原因は座っている時間が増えたこと。

・動く時間が減っていることを数値的に自覚するために万歩計を身につける。

・買い物は運動量を増やすチャンス。なるべく歩く距離をかせぐ。

・自宅で仕事の合間には、1時間に1回くらいは席をたって体を動かす。 

・時間や余裕がある方は、筋トレもする。

これらができない方は、トレーニングジムに行くのも一つの手です。

現在、ジムでは消毒、換気、検温など徹底して行っています。

空いているのでソーシャルディスタンスも保てているし、クラスターも出ていません。

お困りの方はぜお気軽に相談くださいね。

体験をご希望の方は、ご予約の状況をご確認の上お問い合わせください。

関連記事

PAGE TOP