ウエストと内もも引き締めとヒップアップを同時に行うエクササイズをご紹介します。

ウエストと内もも引き締めとヒップアップを同時に行うエクササイズ

ウエストを引き締めたい!

内ももも引き締めたい!

ヒップアップもしたい!

だけど、時間がない! たくさんやりたくない! 面倒くさい!なんて思っていませんか?

そんなあなたの為のエクササイズをご紹介します。

おなか周り、お尻、内ももを切り替えてつかうので少し難しいかもしれませんが、うまくできるようになると効果が大きいエクササイズですので是非継続してマスターしていただければと思います。

やり方

①肩の真下に手を、股関節の真下に膝をセットします。
肩がすぼまらないように肩甲骨を固定しましょう。

②お腹を凹ませて、息を吸いながら膝を高く上げます。
腰を反らないようにお腹の力を入れ続けてください。

③息を吐きながらウエストを捻ります。
脇腹と内腿を意識して膝が体の中心より内側来るように捻りましょう。

体力に合わせて10~20回行います。

徐々に増やして、20回を3セットできるようにしてください。

3セット目でお腹とお尻と内ももが結構きつい感じがでていればOKです。

 

最後に、間違ったやり方を説明します。

①肘が反らないように。肘が痛くなってしまいます。

②お腹が緩むと、腰が反って痛めてしまいます。お腹を引き込んで腰をまっすぐに。

③足先よりも、膝を高く上げる意識で。そうすると、スネが床と平行になります。

 

正しくできると、お尻、脇腹、内腿がかなりつらくなります。
どこかが痛くなってしまう場合や、楽に感じてしまう場合は正しくできていないので、しっかり筋肉を意識して動きをコントロールできるように練習しましょう。

どんなことでもそうですが、継続が成果につながりますよ。

あきらめずに頑張ってくださいね!

 

関連記事

PAGE TOP