本当に誰でも180度開脚できるようになるのか?

本当に誰でも180度開脚できるようになるの?

こんにちは。練馬(光が丘)と池袋で活動中のパーソナルトレーナーの小村です。

ダイエットに成功した方からは、他の目標を見つける方も多く、開脚について聞かれることがあります。

特に、スタジオレッスンでバレエやヨガをやっているのに、全然できないという相談のケースが多いです。

youtubeや書籍では、「〇週間で誰でもベターっと180度開けるようになる」というようなタイトルが結構ありますよね。

さて、本当に180度開けるようになるのでしょうか?

答えはノーです。

断言します。180度開けるようになるのはごく一部の人だけです。

なぜなら、関節の可動域というのは筋肉の柔軟性だけでなく、関節を取り巻く組織(骨の形状、関節包、靭帯、健等)の影響がとても多いからです。

ちなみに筋肉が関節可動域に影響するのは40~50%弱と言われています。

特に、アラフォー、アラフィフになると、筋肉も含めそれ以外の硬化が強くなり、関節の可動域を広げることがより難しくなります。

僕やトレーナーの友人も男女含め誰も180度開脚できる人はいませんし、格闘技をやっている知人達、ヨガとかピラティスの先生も180度開脚できる人は周りにいません。

僕の周りだと新体操の先生だけだな~(苦笑)

もし本当に2週間などの短期間で180度開脚できるようになるなら、毎日30分ストレッチやってる僕なんかは足が360度以上に開くぐにゃぐにゃの軟体動物になっているはずです(笑)

なので、高い効果を期待して本を買ったりしないでくださいね。

しかし、180度は無理でも、そこそこ開いて肘がつくくらいには、毎日頑張ればできるようになりますので、是非チャレンジしていただきたいと思います。

 

柔らかくするコツ

1.お風呂や、有酸素運動などをしてから行うとより柔らかくなりやすいです。

2.可動域を広げるためには、少し痛いくらいのを我慢する必要があります。
  イタ気持ちいいレベルだと、あまり可動域はかわりません。
  ただし無理やりは怪我しますので厳禁です。
  
3.時間は30~90秒を目安にします。

4.縦開脚では、背中や腰を丸めず、骨盤を立てる意識をもちましょう。
  横開脚では、背中や腰を丸めず、骨盤を倒す意識をもちましょう。

5.どんなに可動域が上がっても、その日の伸ばし始めは最初のころとあまり変わりません。最大可動域に到達するまでの時間が短縮すると思ってください。また、1日さぼると結構硬さが戻りますので毎日コツコツ行いましょう。

6.伸ばすだけでなく、関節を緩める意識をもちましょう。

7.最初のうちは、伸ばす筋肉を意識して筋肉の存在を把握しましょう。
  慣れてきたら、伸ばす筋肉は意識しない方が伸びていきます。

8.柔らかいものをイメージしましょう。タコとかイカとか。
  自分が開脚できたイメージを持って行うことも大事です。
  
それでは、僕が普段行っているストレッチから優し目のものをピックアップしてご紹介しますね。

僕はめちゃくちゃ体が硬いので、ちょうど参考になると思います(笑)

 

関連記事

PAGE TOP