美脚とくびれを同時に手に入れるトレーニング法

今回は、美脚とウエストを同時に手に入れるトレーニング「ツイスティングスプリットスクワット」をご紹介します。

トレーニングの名前って横文字が長くて嫌いです(笑)

なので、動画のタイトルでは、「お腹捻って実は脚」という名称になっています。

少し難しいので、トレーニング経験が浅い方は、まずはスプリットスクワットを練習してください。

やり方


足幅を靴1足分くらいあけてください。


そこから大きく踏み出します。


踏み出す幅は、しゃがんだ時に、後ろの膝が股関節より少し後ろに、前脚の膝がつま先よりも前にでないようにします。


ゆっくりとしゃがみながら、おなかを捻ります。

立ち上がりながら、捻り戻します。


お腹をねじるのではなく、肘を引いてしまう方が多いのでおなかを捩じってください。



お尻とうちももにしっかりと力をいれていないと、膝が外に流れてしまったり、内側に流れてしまいます。

しっかりと力を入れることで美脚とくびれを作れますので、膝の位置が変わらないように注意しましょう。

さらに効率よくウエストを引き締めたり、美脚を作るには

筋トレだけすれば、理想のボディラインを作れると思っている方が少なくありません。

もちろん、筋トレだけでも「そこそこ」変えることはできます。

ですが、どんなに正しくトレーニングを行ったからといって、それだけで理想のボディラインを手にいれることは難しいです。

理想のボディラインを手に入れるには、食事の改善が絶対に必要です。

脂肪を減らすには、カロリー収支をマイナスにしたり、過剰に摂取している糖質や脂質を適切になるように減らしましょう。

そして、筋肉の材料になるタンパク質を今より多めにすること。

食事の内容は、今のあなたの体形や、理想の体形によって変わるのでパーソナルトレーナーなどの専門家に相談するのが近道です。

パーソナルトレーニングはちょっとという方は、ダイエットの基本的なガイドラインをご紹介しますので参考にしてください。、

1.食事は腹8分目
2.小麦や砂糖を極力摂らないようにする。
3.食後のデザートや、果物は食事と一緒にとらないようにして、おやつで食べる。
4.お酒を飲む方は、炭水化物(糖質)を一緒にとらない。
5.タンパク質を1食につき2品目いれる。
  例)鶏肉と納豆、魚と豆腐の味噌汁、等

最低限、これだけまもれば、空腹に耐えずに脂肪を落とせます。
リバウンドも予防できます。

ダイエット中に筋肉を増やすことは困難。

ダイエット中、カロリー収支をマイナスにしている間は、専門的に管理していない限り筋肉を増やすことは困難です。

じゃ、なんで筋トレをするの?と思われるかもしれませんね。

それは、

1.普段使っていない筋肉を使うことで、良いハリがでてメリハリのある見栄えになる。
2.リバウンドの防止。
3.姿勢が改善され、スタイルがよくなる。
4.筋肉減少の予防
5.疲れにくく活動的になり日常的に脂肪が燃えている量や時間が多くなる。

筋トレをしないで、食事制限や有酸素運動だけで体重を落とすと、筋肉が減ってしまい見栄えが悪くなるだけでなく、リバウンドの確率がとても高くなってしまうということです。

最後に

脚、お尻、ウエストを同時に刺激できるので、時間効率が高い「ツイスティングスプリットスクワット」を是非行ってみてください。

食事の改善と同時に進行すると、劇的な変化が起こりますよ!

一人じゃ無理!という方は、僕にご相談ください。

運動未経験の方がほとんどなので、安心してくださいね。

 

関連記事

PAGE TOP