食事改善や運動をしないでウエストを今より細くしスタイルアップをする方法。

食事改善や運動をしないでウエストを今より細くしスタイルアップをする方法。


食事制限や運動をしないでスタイルアップをする方法。

え?そんなことできるわけないじゃん! と思っていませんか?

もちろん、食事改善や筋トレを取り入れた方が劇的にスタイルはよくなるのですが、

そんな時間もないし、面倒くさいし、でも今よりスタイルを良くしたいと思うなら続きをお読みください。

結論から言うと、それは良い姿勢を維持することです。

正しい姿勢を意識することで、今よりウエスト回りも凹んで見えますし、毎日意識していればそう見えるだけでなく実際に痩せやすくなります。

まず、あなたの姿勢をチェックしてみましょう。

■壁を背にして立ち、

①かかと
②お尻
③肩
④頭が付くように立ちます。

このとき、

A.全てが楽につき、腰の隙間に手のひらがギリギリ入るくらい。

B.腰の隙間に手のひらがらくらく入ってしまう。

C.頭をつけることが辛く、腰の隙間がない。

どうでしたか?

Aのタイプは、正常です。

そもそもお腹ポッコリに悩んでいないと思います。

このタイプでもお腹ポッコリしているなら、お腹のインナーマッスルが緩んでいるのでドローイン(お腹を凹めること)を意識して生活すれば、腹筋をやらなくてもお腹ポッコリは直るでしょう。

Bのタイプは、反り腰です。
お腹の筋肉が緩んでいて骨盤が過度に前に傾いています。

内臓が前に出てしまうのでお腹が出て見えます。

毎日ちょくちょく壁に背を付けて姿勢チェックをして、腰が反らないように意識してみましょう。

また、ドローインを意識して生活してみましょう。腰痛も改善しますよ。

Cのタイプは猫背です。
上半身の脂肪がお腹に集まるのでお腹周りがとてもたるんで見えます。

良い姿勢をとると、筋肉が脂肪を上に引っ張り上げるので引き締まって見えます。

毎日ちょくちょく壁に背を付けて姿勢チェックをして、猫背になっていないかチェックしましょう。

ドローインに加え、頭を上から引っ張られているような感覚を意識して生活してみましょう。

最後に

シェイプアップにおいて、良い姿勢の意識はとても有効です。

というか、やらないとダメです。

若く見えるし、痩せて見えるし、腰痛や病気にもなりにくいです。

これに加え、僕は運気もあがる感じがしています。

逆に、良い姿勢の意識がないと、筋トレをしているのに猫背だったり、お腹がたるんで見えたりもします。

例えば、ジムで筋トレしているときはかっこいいのに、ジムを出るとお腹がでていたり、猫背だったりしている人をみかけませんか?

僕は一日中ジムにいるのですが、かなり多いです(苦笑)

食事改善や、筋トレに敷居の高さを感じている方は、是非毎日姿勢チェックをして良い姿勢をインプットするように取り組んでみましょう!

余裕があるなら、肩甲骨周りや背骨を動かすキャットエクササイズなどを取り入れるとより早く改善しますよ。

全てのタイプに有効です。

関連記事

PAGE TOP