ダイエット中だけど、食べることが大好きで食事を変えられないという方へ

ダイエット中だけど、食べることが大好きで食事を変えられないという方へ。

こんにちは。40歳からのダイエット体づくり専門トレーナーの小村です。

シェイプアップしたいけど、食べることが大好きで食事を変えられないという方はこんな考えを持ってみて。

それは、食事の意味合いを分けるという方法です。

①楽しむ食事
②体づくりのための食事
③付き合いの食事

ダイエットの食事法はいろいろありますけど、1つの方法として1日単位でまとめると把握しやすいということがあります。

通常は1日3食を食べられますから、まずは、1食は体づくりの食事を取り入れるところから始めてみましょう。

慣れてきたら、2食は体づくりの食事にしたいですね。

 

①楽しむ食事

あなたの心を満たしたり、家族や友人たちと一緒に楽しむための食事です。

楽しむ食事は、栄養バランスを考えた内容よりも、おいしさ優先で食べてるはず。

ダイエット中は、避けるべき種類ですが、ダイエット食が辛すぎてつづけられないくらいなら我慢すべきではありません。

ただし、1日3食全部が楽しむ食事では痩せることはできません。

 

②体づくりのための食事

筋肉をつくり痩せる体質にするための、量と栄養バランスを考えた食事です。

量やバランスは、あなたの目的に応じて変わります。

どれくらいの期間で何キロ脂肪を落とすのかなどです。

これだけで1つの記事ができてしまうくらい長くなるので今回は簡潔に。

量は腹6~8分目。満腹はNGです。

白米、小麦などの精製された炭水化物を減らして、玄米、もち麦、オートミール、さつまいもなど食物繊維が豊富なものにします。

肉、魚、卵を増やします。

フルーツも食べてOKですが、ジュースはNGです。

炭水化物を食べる前に、野菜や肉を食べます。

ざっくりですが、この意識を持つだけでも大分違いますよ。

 

③付き合いの食事

仕事や家族で必要な付き合いの為の食事です。

ダイエット中なのにどうしても仕事で食べたり飲んだりしなければいけないケースってありますよね。

場の雰囲気を壊すのはまずいので、断ることは難しいと思います。

その場合は、①の楽しむための食事を少し押さえることで対処したいところです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

食事は、

①楽しむ食事
②体づくりのための食事
③付き合いの食事

に分けて、1日に最低1回は身体づくりのための食事をとる。

という風に考えられるようにしてみてください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小村のFACEBOOK
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007900158954

40~50代の女性をサポートするYoutubeチャンネルを立ち上げました!
https://www.youtube.com/channel/UCDk6fWASTlWEPCqqMdbQ-Mw

関連記事

PAGE TOP