なぜトレーニングしていたのにコロナ前より太ってしまったのか?

なぜトレーニングしていたのにコロナ前より太ってしまったのか?

こんにちは。練馬(光が丘)、池袋で活動中のパーソナルトレーなの小村です。

コロナの影響で、少し予約枠に余裕があったのですが、9月と10月でお休みされていた方が戻ってこられたり、新規で始められた方が増えたので現在はほぼ満員となっております。

ただいま、順番待ち、キャンセル待ちを受付中です。

さて、新規で始めた方や、戻られた方の多くの共通事項が、自粛前より太ってしまったというお悩みを抱えておられます。

衣替えで、去年着れていたものがきつくなっていて自覚されるようです。

毎日みている体だから、そういうきっかけがないとあまり変化に気が付かないですよね?

あなたにも心当たりがあるのではないでしょうか?

理由は、

①食事管理が甘くなっていた
②運動不足、活動不足
③筋トレで効果が出るやり方ができていない

などです。

特に、自宅で自主トレをしていたのに、トレーニング効果が出ていないという方が多い理由はこの3つ

1.やった気になっている。
筋トレは、ややきついと思ってからが本当のトレーニングです。
多くの方は、きついという感覚がでたらやめてしまいます。

トレーニング効果を得るためには、ややきつくなってからあと数回、あと1セットというようにがんばることが大事です。

実は、心はきついと感じていても(心理的限界に到達した)、筋肉はまだ余裕がある(生理的限界に達していない)状態になっています。

ちょっときついと思ってから、もうひと頑張りしてみましょう。

ただしフォーム(形)がくずないように注意してください。

2.形が間違っている
筋トレは、正しくできると効果が大きい反面、形が間違っていると怪我をしてしまったりまったく効果がなかったりします。

できたら、鏡に映しながら行ってみましょう。

3.栄養が足りていない。

自粛で運動不足だから食事も減らしたのに太ってしまったとい方もいらっしゃいます。

それは、間違った食事制限になっているからです。

運動不足だから食事制限をしようという考えは正しいです。

ですが、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、水、良質な脂質(フィッシュオイルやオリーブオイル)は減らしてはいけません。

筋トレの効果が出なくなってしまいます。

カロリーは減っていても、大事な栄養が足りないと、筋トレしてるのに筋肉が減ったり、その他の代謝が落ちて逆に太りやすくなります。

減らすのは、炭水化物体に良くない脂質(揚げ物等サラダ油をつかったものやラード等)です。

意地でもタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、良質な油は死守してくださいね。

カロリーを増やしたくない場合は、足りない分をサプリメントで補いましょう。

 

まとめ

そうはいっても、実際はなかなか難しいですよね。

なので、40歳以降は、健康、美容へ投資することをおすすめします。

パーソナルトレーニングやサプリメントもその1つです。

中国産の安い食材ですまさず、国産の食材を使うようにするのもそうですね。

もちろん、僕自身も投資してますよー

関連記事

PAGE TOP